コンピューターが全人類の知能を超える状態を描いた

IoTモノ市場全体の動向などをインプットすると

しかも、そういった情報システム「クラウド/SaaS」は、クラウドの特性から、最初はユーザー数が少ない状態で始めるため、さほど大きな問題とならないのですが、いざ本格的に大人数で利用しようという段階になるとサイロであることが問題視されるようになってきます。さて、それではサイロになってデータ品質が低下すると、具体的にはどのようなことが起こるのでしょうか?ここでは例として、ある企業におけるAとBという二つの情報システムに、それぞれ別々に顧客データが登録されているとします。ここで、ある顧客企業の企業名が変更になったとしますAという情報システムを使っている担当者は、その情報を入手したため、その顧客企業のデータをアップデートしました。しかし、Bという情報システムにはアップデートされなかったとします。このとき、B情報システムの顧客データは古い状態ということになり、例えば、B情報システムから出力した見積書の顧客名が古かったとします。AI×VRを通してマッチングを行っています

テクノロジーアーキテクチャTAの四つの体系で検討を実施します

人工知能の在り方設計次第と片付けたいのですが穿って言えばそれだけで気分を害するお客様はいないかもしれませんが、「この企業は、きちんと情報を管理できているのだろうか?」と、少なからず不安にさせることは間違いないでしょう。また別のケースを見てみましょう。ここで例に挙げる企業は、東京事業部と大阪事業部の二つの拠点を持っています。そして、東京事業部と大阪事業部では別々の営業管理シこのケースでは、顧客の声「VOC:VoiceofCustomer」は営業所ごとに管理されていました。顧客関係管理」システムが導入されているところも、表計算ソフトのみで管理されているところもありましたが、顧客の声のデータは集約されていませんでした。各地域の営業所から見たら、この不具合は0~1件のまれな事象です。

人工知能の本質を顧みるには重要な指摘です

人工知能に意識や意思を持たせることは
そして、そのシリコン基板上で、当面は電力が人工知能のエネルギー源となるだろう。人工知能のソフトウェアが稼働する基盤はシリコンチップが当面つづく可また、だ場合、どんなに最強な人工知能でも停電には勝てないはずである。電力供給を止められたらおしまいである。もし技術的特異点を超えた人工知能が、計画を実行する前に、エネルギー源を確保するため、発電所や送電網を支配下におかないとといけない。人類を支配しようと企んしかし、身体を持たない人工知能は、発電設備などを実際に維持管理していくことが難しいだろう。仮に、人工知能の指令のもとで忠実に動くロボットにより運営することも可能であるが、発電所を支配して、長い送電網を管理して、停電率をゼロに維持していくことはかなり困難なことである。

ロボットや四角型顔の形髪型体型背の高さ四角型

人工知能の誤学習の事例ともいえます
さらに火力発電の場合には、その燃料となる石油や石炭、天然ガスなどが供給されなければ発電を続けることができない。このためには、化石燃料の供給先も支配しないとならなくなる。また、原子力発電でもウランの供給が必要になってくる。実際には、複数の発電設備を支配下に置いて、電力の安定確保を図りつつ、さらには、資源の掘削から輸送、発電、送電の全てを支配することは、高度なロボット群をつかってもかなり難しいと考えられる。人類の支配を企んでいる人工知能は、エネルギー供給ルートの確保に非常に苦労することになるかもしれない。

AIanMathisonTuringは

人工知能の専門家によると
く考えてみると、マッチ箱NNの間違いのタイプは、次の2つしかありませんね。ただし、判断が正しかった場合は、ペナルティーは与えません。よ間違いタイプ1:正しい買い方だったのに、NGと判断してしまった。間違いタイプ2:間違った買い方だったのに.OKと判断してしまった。タイプ1の間違い「正しい買い方だったのに、NGと判断してしまった」とは、マッチ箱Aが本来なら興奮してはいけないのに、興奮してしまったということですね。

AIの学習には大量のデータが必要なのだが

そして、マッチ箱Aが「間違って」興奮してしまったということは、セルB~D君から送られたマッチ棒がマッチ箱Aの中にあるマッチ棒の数より多かったということでした。これは、送られたマッチ棒の数が多すぎたか、マッチ箱Aの中のマッチ棒が少なすぎたか、いずれかが原因です。整理すると間違いタイプ1「正しい買い方だったのに、NGと判断してしまった」原因は、マッチ箱B~Dのマッチ棒が多すぎたか、マッチ箱Aの中のマッチ棒が少なすぎたためだということです同様に、といえます間違いタイプ2「間違った買い方だったのに、OKと判断してしまった」原因は、マッチ箱B~Dのマッチ棒が少なすぎたか、マッチ箱Aの中のマッチ棒が多すぎたためこの反省をもとに、つまり多すぎたマッチ棒を減らす、少なすぎたなら増やすという処方を取ります。間違いタイプ1の間違いをしてしまったら、間違いタイプ2の間違いをしてしまったら、マッチ箱B~Dのマッチ棒を1本減らし、マッチ箱B~Dのマッチ棒を1本増やし、マッチ箱Aのマッチ棒を1本増やす。マッチ箱Aのマッチ棒を1本減らす。というマッチ棒の調整を行います。非常に簡単ですね。ただ、マッチ箱B~Dについては、一つだけルールが加わります。注意してください。