コンピューターのアナロジーを示しており

AIの化身ではないか?

ユーザビリティ原理主義某学会で「最近ようやくユーザビリティという言葉が説明なしで使われるようになってきた」とうれしそうに語る言葉を聞いたのが5年ほど前である。それから、ユーザビリティという言葉はさらに浸透したと思って間違いないだろう。最初に強調しておきたいのだが、私はここで「ユーザビリティはカスだ」と主張しようとしているわけではない。「多少そう考えている節もあるのだがそれは決して漏れてはならない秘密である」ここで取り上げたいのは、般的なユーザビリティではなく、「ユーザビリティ原理主義」。具体的には「ユーザビリティについての半可通な知識をやたらと振り回す人」のことだこんな光景を想像してみよう。あなたがあるプログラムの画面を作っているとする。

ロボットは楽しいでしょう

あーだこーだと考えながらコードを書き、ようやく動き出したかな、というところでユーザビリティ原理主義者が後ろから近付いてくる。そしてこういう言葉を投げつけるのだ。「マニュアルなしで使えないとだめだよ」「ユーザがパッと見て使い方がわかるようなインタフェースじゃないと価値ないね」「ユーザインタフェースにモードがあるね。素人のやることだな」あなたが何か言い返せば、ユーザビリティに関する本を何冊か挙げ、「読んだことないの?」と侮蔑的なセリフを投げ捨てていくことだろう。身を震わせるような屈辱感に耐え、こうしたユーザビリティ原理主義者の言葉に従えば「素晴らしいインタフェースを持った製品」ができるのか、と問われれば、それには賛成しかねる。こうした生半可な知識を振り回した結果として望みうる最高の結果は、「ユーザビリティに配慮した、以前よりはましなインタフェース」ができあがること。

 

AIによる医療革新そして

また人間にはエネルギーの強い人も弱い魂意識の人達も存在しているのです。より稀少、かつ貴重この法則からは、ちょうどピラミッドのような人間構成になっていることが推測できます魂意識のエネルギーが強く、高貴な魂を持つ人は、ごくごく少数ということです。私達の魂意識を無限段階構造に分別しているのが重力子です重力子という名称ですが、これは根源意識の相対エネルギーですが、これも愛というエネルギーです。根源意識の愛性質とは対極性質の愛です。ただ素粒子の性質も持たされています。つまり重力子という愛エネルギーですが無限段階層の愛で構成されているのです。ここで愛という言葉の説明を少しします重力子の愛の特徴所有、結合、結集、凝固、束縛、拘束、独占などの性質を持った愛この重力に支配されている私達の魂意識ですので、愛が芽生えますと、す。結婚とは重力子の愛を具現化した代表例となります。
ディープラーニングにより

人工知能であればパーセブトロしかし

相手と一緒に居たがりまこの反対に根源意識の愛とは反重力、つまり非所有、非結合、非結集、非束縛、非独占ということです。ここから根源意識、つまり純粋エネルギーの性質を、容易に推測できると思います重力子の愛もピラミッド構造をしていますので、底部の重力子に支配された人の愛表現は、監禁したり、究極的には恋人を食べちやったりとなるのです。相手を私達人間の魂意識ですが、重力子に支配されていますので、ピラミッド構造の無限段階のどこかの段階、レベルに、あなたも私も所属していることになります。このレベル分けされた魂意識を「霊格」といいます。ちょうど人格、品格のようなものですが、この霊格はお母さんから生まれ出たときから、死亡するまで変わりません。人格や品格のように外部評価要素、また一般的努力では上下しないのです。

人工知能の開発面でということは財務管理者だが

それを生かす大きな部分は、スーパーコンピュータと言われるハードウェアになります。これをどこの国が完成させるかで、今後のパワーバランスが全然違ってきます。今Appleが、なぜ時価総額で世界1位かと言いますと、iPhoneというハードウェアとiOSというソフトウェアの両方を押さえているからにほかなりません。繰り返しますが、AIのハードウェアの肝はスーパーコンピュータです。では、AIのソフトウェアは何かというとAIエンジンということになります。

人工知能の研究開発に対し

さて、スーパーコンピュータは今どうなっているのでしょうか。ニュースでも流れますが、毎年6月と11月にスーパーコンピュータの精度を競うTOP500とGreen500というランキングがあります。日本のスーパーコンピュータである「京」が世界1位だったのはとうの昔、もう6年も前の話です。その当時、民主党が政権与党でした。事業仕分けで有名な蓮舫さんが、次世代スーパーコンピュータの研究開発予算に対して、「世界一になる理由は何があるんでしょうか。2位じゃダメなんでしょうか」という有名な発言がありました。