ニューラルネットワーク

ディープラーニングを使った囲碁

エポック1:物理と化学原子構造の情報DNAの進化エポック2:生命DNAの情報脳の進化エポック3:脳ニューラル·パターンの情報テクノロジーの進化エポック4:テクノロジー(ハードウェアとソフトウェアの設計情報)テクノロジーが生命のあり方を支配する人間の知能も含むエポック5:テクノロジーと人間の知能の融合(人間の知能も含む生命のあり方が人間の築いた指数関数的に進化するテクノロジーの基盤に統合される)大幅に拡大された人間の知能圧倒的に非生物的が、宇宙のすみずみまで行き渡るエポック6:宇宙が覚醒する(宇宙の物質とエネルギーのパターンに、知能プロセスと知識が充満する)この「進化の6つのエポック」の中で、私たちは今エポック4の時代を生きているということはお分かりいただけると思います。ただその先のエポック5とエポック6については、常人の理解の及ぶところではないと思われます。

人工知能がさらに能力を向上させ

筆者が考えるエポック5は汎用人工知能(AGI·ArtificialGeneralIntelligence)の完成により人間の知能增幅(-A-ntelligenceAmplifier)が可能となるプレ·シンギュラリティ前特異点·社会的特異点の状態、エポック6は人類が人工知能と融合し、超人工知能(ASI·ArtificialSuperIntelligence)により人類の進化が特異点(成長曲線が無限大になる点)に到達する状態です。

 

人工知能ASㅣによりたった1つ

いずれにせよ近未来の話なので、概念と未来のロードマップだけをここでは抑えておいて欲しいと思います。
また、れます。
レイ·カーツワイル氏は、「テクノロジーというのは指数関数的に進化していく」
と言わ途中からとんでもない曲線を描くということです。レイ·カーツワイル氏によれば、今2017年というのは、上の図で言いますとA地点の辺りぐらいです。プレ·シンギュラリティ(前特異点·社会的特異点)が起こると予測される2029年のB地点以降ぐらいになるともう毎日ノーベル賞を獲れるぐらいの発明があり、ノーベル賞どころか新しいノーベル賞を作れるぐらいの発明発見があると言われています。
人工知能が保有する本能

人工知能に物理的な動力を与えたものともいえ

さて、政府はそんな短期間でどうやって100兆円も増やそうとしているのでしょうか?既存産業で100兆円増やすといってもそれは不可能に近いと言えます。実はGDPの推計方法の見直しにより、新たな基準年となる2011年の名目GDPが19.8兆円、率にして4。2%押し上げられるとの試算もあり、本質ではありませんが「600兆円経済」の実現に向けて追い風になるとも言われています。

AI囲碁サイコロを振って遺伝子を生むさて

これまで付加価値を生まない「経費」として扱っていた研究開発費を、付加価値を生む「投資」と見なし、GDPに加算することが要因です。
今回の国家プロジェクトの目玉になるのが、新しい第4次産業革命のテクノロジーである?あるいはビッグデータ、ロボットです。こういった付加価値マーケットで、30兆円市場を新しく作ろうというのが政府の狙いなのです。これが「日本再興戦略2016の一番の柱になりますでは、Society.0についてご説明します。まず、第4次産業革命というのはドイツが言い出したことです。2011年にインダストリー4.0というコンセプトを打ち出しました。

人工知能が提供する教育システムで多少は代用できるでしょう

ニューラルネットワークに教えたドイツは製造業が非常に盛んな国ですので、「スマート工場、製造業で4番目の産業革命を起こしましょう」と提唱したのです2012年にはアメリカのゼネラル·エレクトリック社などの企業連合が「インダストリアルインターネット」を、2015年には中国が「中国製造2025(メイド·イン·チャイナ2025)」を発表しました。「インダストリアルインターネットとは、ICT(一nformationandCommunicationTechnology.情報通信技術)を活用し生産性の向上やコストの削減を支援する産業サービスで、製造業だけをメインにするのではなく、エネルギー、ヘルスケア、製造業、公共運輸の5つの領域を対象としています。


ニューラルネットワークに教えた 人工知能が引いた補助線に沿ってなぞれば ロボットの検索のアルゴリズム