ロボットなどの社会的位置関係を意識してのそれなのだが

AIの認証における活用方法は様々ですが

人工知能の発達により自動走行車が完成すれば老人などの外出したくても危なくてできなかった人が好きに外に出られるようになります。労働人口が減少し、GDPを維持するために一人あたりの生産性を上げる必要がある日本政府からしても、企業が人工知能を導入して生産性を高めてくれればGDPも向上して税収も上がります。人工知能をうまく活用すれば、国民の生活の質も向上させて税収も向上させるというようなことも可能になるでしょう。ここまでは人工知能の明るい部分を見てきましたが、当然人工知能には暗い部分もあります。企業にとっては、リスクの向上がデメリットといえます。

ロボットをつくっていかないといけない

人工知能を導入すれば業務は効率化できるかもしれませんが、「人工知能に頼り過ぎてて怖い」というような評価をユーザーからされるかもしれません。人工知能を導入したとしても、現場がうまく活用できるかどうかははなはだ疑問です。技術的な面で言えば、人工知能の導入コストと環境の変動リスクもばかに出来ません。企業規模が大きくなればなるほど人工知能の導入に係る金銭的·時間的コストは大きくなります。また、人工知能は現状の環境で効果を最大か出来る様カスタマイズされるため、環境が変われば成果が挙げられなくなるということもあります。

 

コンピュータの処理能力を表す単位をフロップスFLOPSと言います

私達の地球時間軸世界の人達が死んでも、せいぜい霊界の中段に届く霊格レベルでしょうねですから、私達の時間軸では、最高の霊格が大日如来、如来達です。ところがプレアデス星人達には、もっと高い霊格レベルの神が存在することになります。そのプレアデス星人よりもっともっと高貴な時間軸の生命体に於ける最高神って、一体どのようなものでしょうね。死についてオメガ素粒子理論に適用してみようと試みたのですが、何日チャレンジしましても何のヒント得られませんでした。結論としまして、オメガ素粒子理論からは森羅万象のしくみに、死は存在しないという答えが導かれました。
人工知能の歴史の分岐点に立っていると行っても良いでしょう

AI時代はお金をもらう時代ではありません

「そんな馬鹿な!「まったくその通りです、そんな馬鹿な!です」オメガ素粒子理論からは「死」は存在しないという結論に到達しました。生ずることも滅すこともないというのが森羅万象のしくみとなるのです。わずか276文字に凝これは般若心経の全文ですが縮したものです。この意味ですが最初の6文字は「形あるものと精神活動のすべては「空」であることを悟れと言っています。次の9文字では「舎利子よ。この世にあるすべてのものの実体は「空」です。生じることもなく滅することもなく、汚れもせず清らかにもならず、増えることもなく減ることもありません」さらに次の11文字是故空中、無色、無受·想·行·識では形あるものも、精神活動もありません」と説いているのです。

人工知能ブームのキーとなっている

「人工低能」のネットワークの中で、パラメータを調整し、進化させていくことで、外部の変化に柔軟に対応していく組織体に進化していくことができるようになる。このような方法では、人間と同レベルの人工知能経営者が現れることはないが、人工知能が細菌や虫のように群れを成して、外部環境の変化に柔軟に対応し、生き残っていくような形で存在していく、新しい知的な組織体をつくることは、技術的に難しくないのではないだろう。太陽パネルを用いる組織体であれば、太陽エネルギーを吸収して、電気エネルギーを生み出す群れ「組織体」であり、この群れが社会の中で自律的に持続していくようになれば、新しい社会基盤となっていくと考えらえる。微生物の中には、水と二酸化炭素だけ生きていける独立栄養微生物がいる「図2」。これと同じ発想で、地域の中で、太陽パネルとその余剰電力から水素製造する装置、そして水素から電力を発電する燃料電池を地域の中で、ネットワーク化し、マネジメントすることで、エネルギーを自給できるグループ「群れ」がつくれると考えらえる。

IoTは新たに子遺伝子を創り出します

イメージをここで、ある太陽パネルに新しい小さい人工知能ユニットを取り付ける者があらわれるとする。このユニットは、自分の位置情報や、自分の発電量などを管理できるとともに、インターネットに接続され、周囲の同種のユニットを保有した設備と通信をすることができる。また、同時に仮想通貨を保有することができ、他のユニットとの間で、自動でお金の決済をすることができる機能を持っている。さらに、蓄電池も保有していれば、そのマネジメントも自動で行うとする。この太陽パネルは個人住宅の屋根に設置されており、設備の所有者はその住宅の所有者とする。