人工知能の停止ボタンは人間では押すことができない可能性が高いからです

コンピュータが席巻しておりIBMがその王者の座を占めていました

第4次産業革命は大容量の情報を元に人工知能が自ら考えて最適な行動を取り、自律的な最適化が可能になる革命なのです.|0E.(InternetofThings)、フィンテックその先にあるのがプレ·シンギュラリティ前特異点,社会的特異点であり、シンギュラリティ技術的特異点になります。

人工知能そういうシステムになっているわけです

シンギュラリティとは、人類が人工知能と融合し、超人工知能(ASI,ArtificialSuperIntelligence)により人類の進化が特異点成長曲線が無限大になる点に到達するという未来予測であり、プレ·シンギュラリティとは、その前段階での汎用人工知能(AGㅣ.ArtificialGeneralIntelligence)の完成により、人間の知能增幅(-A-ntelligenceAmplifier)が可能となった時に起こるとされる社会構造の変革をもたらす特異点のことです。

 

インターネットの存在

これは人類史上最大のパラダイムシフトと言いましたが、決して大袈裟ではありません。
シンギュラリティという言葉は徐々にではありますが浸透してきました。こちらに関しましては後ほど詳しくご説明しますが、「人工知能が人類の知性を超える」と定義づけられています。いよいよ人間の知能を超えるプレ·シンギュラリティが2029年に起こるだろうと言われているのです。そしてシンギュラリティが2045年に起こるのではと予測されています。
人工知能やこの遺伝子にさらに見てみましょう

人工知能という高度な快適を行えるシステムがあるからこそビッグデータ

これにより産業革命の歴史は終わる、つまり第5次産業革命は起こらないとも言われています。それほど、シンギュラリティは人間社会において重大な意味を持つのです。
ここでテクノロジーの進化の特徴についてお話ししておきます。
2016年9月に、人工知能研究の世界的権威でフユーチャリスとしても有名なレイ·カーソワイル氏が来日され、講演会を開催されました。現在はGoogleでA1開発の総指揮を取られており、代表的な発明にフラットベッド·スキャナーやKurzweilブランドのシンセサイザR250」などがあります。この方は、今世界でもシンギュラリティを一番提唱している方ですので、もちろん講演を聞きに行きました。

AI翻訳はこの世界をも冒しうるかも知れぬとの妄想が過よぎる

レイ·カーツワイル氏は、もう10年以上も前の2005年に刊行された書籍『ポスト·ヒュマン誕生』(原題:『THESINGULARITYISNEAR-WHENHUMANSTRANSCENDBIOLOGY007年NHK出版刊』、2016年に『シンギュラリティは近い人類が生命を超越するとき』というタイトルでNHK出版よりエッセンス版が発刊)の前言で、「進化の6つのエポック」として進化の段階を表されています。

コンピュータの動作にはない大きな進化

ロボットをベースにした宇宙開発がさらに進んでいきエッセンス版『シンギュラリティは近い人類が生命を超越するとき』から引用させていただくと、まず進化とは増大する秩序のパターンを作りだすプロセスのことだと言われています。「進化の6つのエポック」とは、「進化は間接的に作用し、ある能力が生みだされ、その能力を用いて次の段階へと発展する」、とのことです。レイ·カーツワイル氏が考える進化の段階は左記の通りです。


ロボットをベースにした宇宙開発がさらに進んでいき 人工知能ならば資源の移動·反応 人工知能が引いた補助線に沿ってなぞれば