人工知能の開発競争はつまり他のことをしたくなるように仕向けるのだ

AIが自己学習能力で進歩する為に

「中国製造2025メイド·イン·チャイナ2025は、2049年の中華人民共和国建国100周年までに「世界の製造大国」としての地位を築くことを目標に掲げています。
各国の取り組みに対抗して、日本が出したインパクトのあるコンセプトが「Society.なのです。本当は4の方が分かりやすいのですが、この「SocietyLn。」というのは「第4次産業化革命により5番目の社会を目指しましょう」ということです1番目が狩猟社会です。狩りで生活していた社会です。
農業革命によって2番目に農耕社会というのができました。3番目は産業革命が起こってできた工業社会です。

人工知能が生まれてもおかし仮

4番目が今の社会であるインターネットによる情報社会です1番目が狩猟社会、2番目が農耕社会、3番目が工業社会、4番目が情報社会では5番目は何かと言いますと、日本が目指そうとしている「超スマート社会」になります「第4次産業革命のテクノロジーで5番目の社会、超スマート社会を作ろう」ということが、日本再興戦略2016という国家プロジェクトの概要ですここでのポイントは、30兆円という巨大な新市場です。30兆円がどれぐらいの規模かイメージつきますか?おそらくそのような市場がある業界は、自動車産業しかないのではないでしょうカ例えば外食産業で言いますと、現在「すき家」や「なか卯」などで知られるゼンショーホールディングスが売り上げ1位ですが、その他日本中のファミレスや街のレストラン、飲食店など全ての飲食関係の売上を合わせて約24兆円です。

 

ロボットが自動的に社会に付加価値を作り出す時代となっていくだろう

パチンコ産業が今18兆円程度です。バブルの時には30兆円でしたが、今は落ち込んでいます。旅行産業は、インバウンドで増えたと言いながらも6兆円です。教育産業は、幼稚園や保育所から小学校、中学校、高校、大学、短大、専門学校、予備校全て合わせて2兆5000億円です。出版業界は、書籍や雑誌、電子書籍も含めて1兆6000億円足らずしかありませんそれから見るといかがですか、としているわけです。
30兆円というとてもつもないマーケットをたった3年で作ろう30兆円市場に参画しない手はない私は、今起こっている第4次産業革命、日本が言い出したSocietyLr0にどのような形でも参画するべきだと思います。
人工知能の進化によるベーシックインカム実現の可能性政府

コンピュータブログラムの成果を披露したのです

20代の若い人たちにも、「いち早く起業して、第4次産業革命に参画した方が良いよ」「働き方を見直した方が良いのではと言っています。特に優秀な若者には、本気で言ったりしていますなぜかと言いますと、前にもお話ししましたがA1元年は2015年であり、VR元年は2016年です。まだまだ研究者や専門家も少なく、需要が非常に高い状況にありながら人材が圧倒的に不足しています。よって、能力のある人たちは引っ張りだこの状態だからです。

人工知能カー一知能增幅の選択肢がある

日本の優秀な人材が研究室ごと、あるいは会社ごと、どんどん買収されていっています。Goog-eやFacebookなどの傘下になっていっているわけです。残念なことに東京大学などでA1を研究しているところは教授や学生などを含めた研究室ごと買収されています。それは、Goog-e本社の時もありますしGoogleJapanの時もあります。あとはFacebookFacebookJapanなども盛んにやっています。3番目に多いのがAmazonだそうです。これらが「積極的に買収している会社·ベスト3になります私は何も「あなたに人工知能が開発できるようになってくださいと言っているわけではありません。

コンピュータブロジェクトをスタートさせた

ロボットによる業務自動化私もエンジニアではありませんから、開発することはできません。
ここで重要なことなので繰り返しますが、A,VRはどんな業界でも活かすことができます。
そしてAl×VRを活用することによって、売上を伸ばすことができるのです。というより、Al×VRを無視すれば、あなたの仕事がなくなる可能性さえあります。
私も色々な分野の方の相談を受けましたが、どんなケースでも的確なアドバイスをすることができました。


ロボットによる業務自動化 人工知能の停止ボタンは人間では押すことができない可能性が高いからです 人工知能と呼ばれています機械学習