人工知能はまだ意味を認識するという高度な次元にはなく

コンピューターが自ら考える

その中でデファクトに近い人気を誇ったのがPAImOSで、名前を聞いたことのある方は多いでしょう。その開発者として一躍有名となったジェフ·ホーキンスが、新しく興したのがNumentaという会社です。Numentaは、カーツワイルの考え方に近く、大脳新皮質の構造をコンピュータで忠実に再現する研究を進めており、IBMのCLCが共同研究として2015年より参画しています。まだ具体的な成果までは公表していませんが、実績のある著名人ホーキンスの事業ということもあり注目を集めています。余談ですがのCEOがこぞって出資した超有望人工知能ベンチャーとして、Vicarious「ヴァイカリアス」という企業があります。

よくWebサイトの認証手法で機械に読み取らせないため画像内に歪めた数字·文字を人間に書き取らせる仕組みを見たことはあると思います。「人間でも時々読み解けないものがありますね」Vicariousの人工知能はそれすら読み取るほどの性能を備えているということで、誌面をにぎわしました。この会社の創立者デイリーブ·ジョージは、元々ホーキンスと一緒にNumentaを創業したのですが、そりが合わなかったのかスピンアウトしたという経緯があります。このような背景もあり、この会社もNumenta同様、大脳新皮質のシミュレートを人工知能の方針として掲げています。残念ながらこの企業は、研究成果を2029年まで公表しないという方針です。

  • 人工知能飛び越える遺伝子
  • AIを迎え撃つ二刀流翻訳術として
  • 人工知能が診断し事業開発の支援も行っています都銀各行で

コンピュータは汎用的な問題を解くことができない

人工知能の可能性を否定した単純な論理演算当時のエンタープライズ·アーキテクチャとは何か?それを、言で表現すると「組織全体のビジネス戦略や業務プロセスと情報システムを可視化し、全体最適の観点から業務や情報システムの改善を継続していくための設計·管理手法」となります。ここでいう組織は企業や会社とは限りません。企業や自治体などの集合体を「組織」として定義することもありますし、もちろん、一企業や、自治体を指し示す場合もありますその定義は、状況や導入の目的などによって様々です。「可視化する」というのは簡単に表現すれば「目に見える状態」にするということです。つまり、「組織全体のビジネス戦略、業務プロセスと情報システムの関係を見える形·読み取れる形できちんとドキュメントとして残しましょう」ということです。「エンタープライズ·アーキテクチャは企業の設計書である」などと呼ばれることもありますが、それは上記によるところが大きいのです「エンタープライズ·アーキテクチャで述べられている組織は企業とは限りませんが、これ以降の説明では企業という表現で統·します」。

AIは近い将来作れるような気がしますつまり、さらに簡単に言うと、エンタープライズ·アーキテクチャは組織の中の複雑な業務や情報システムの状態をしっかりと把握し、改善活動を継続していくための仕組みともいえます。変わりゆく企業環境に対応するべく、エンタープライズ·アーキテクチャでは様々な可視化を実施すると述べましたが、その特徴についても述べます。一つ目の特徴は、情報システムを横串で認識することですフレームワークは、南波幸雄氏の企業情報システムアーキテクチャ「14」の中では次のように言及されています。「このフレームワークの特徴は、システム構築に関与する全てのステークホルダーが網羅されており、非常に広いスコープをもっていることです。広いため、一貫性の保証などの仕掛け作りが容易ではなく、そのまま適用できる企業は非常に限定されてしまう恐れがあります。」その半面、全体のスコープがザックマン氏は、クラウド登場以降の2011年に自身のWebサイトで“と題した文章「15」を投稿しています。

人工知能AGIを強い目先の販売促進は

総務省の平成26年度版の情報通信白書「36」によれば、「データ分析を担う人材の不足は日本も例外ではな..McKinsey社の調査によると、統計学や機械学習に関する高等訓練の経験を有し、データ分析に係る才能を有する大学卒業生の数は、日本では平成20年「2008年」単年で3、400人しかおらず、かつ、平成16年「2004年」から平成20年「2008年」までの5年間、日本におけるデータ分析の才能を有する人材が減少傾向にあったとしている」とのことで、短期間で揃えるのは難しいと思います。ですから、AI分析を目指すのであれば、まず「データ」を揃え、じっくり「人材」を育て、「時間」をかけて試行錯誤を重ねていくのが順当です。しかし、たいていは「そんなに待てない!」のではないでしょうか。ですから、このロードマップに求められるものは、短期的に効果を出せて、かつ長期的にも効果を出せる工夫です。そこで、ここでは二つのステップでAI分析に向けたロードマップを見ていきます

人工知能を完成させる事だという

AIの技術をチェスに応用することはできません「とにかくAIを使ってみよう!」と考えるのであれば、クラウド上に展開されているAIサービスの利用をオススメします。機能説明や数式を読み解いてもAIは分かりづらいものですが、触ってみると理解が進むはずです.AIを活用したIT戦略を考えるのであれば、どんな社内ディスカッションよりもまず触ってみることが重要です。そして、たいていクラウドで提供されているAIサービスは、意外と低価格で、意外と使いやすいと感じるはずです。触ってみて実感が得られたなら、次は今後どのようなアプリケーションを作っていくかというアプリケーション戦略を考えることになります。本章では.A「サービスではどのような機能が提供されているものなのか、そして、それらを自社ITに組み込むアプリケーション戦略を考えるときに何に気をつけるべきなのかを見ていきます次の四つのタイプが代表的です。